--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11

05

コメント

《秋のワークショップ》ご報告

企画展「具体人in Karuizawa」のアーティストの一人
元永定正の作品に関連したワークショップ「石に色をぬろう」を
10月31日、11月1日に開催いたしました。
地元小学生の男の子に予想以上に《石ぬり》が人気で驚きました。
丸っこい石やごつごつした石、シマ模様の入った石など、形、色は様々です。
その魅惑の石たちからお気に入りを一つ選び、好きな色を混ぜ合わせ色をぬり、世界にひとつだけの
魔法の石に仕上げておりました。

また、11月3日「ワッペンをつくろう」でも、素敵な作品が生まれておりました。
石ぬりとワッペンを両方体験してくれた地元小学生の参加もあり、夢中でつくる様子に
こちらもほっこりココロがあたたかくなりました。
参加していただきましたみなさまありがとうございました。
おかげさまでにぎやかなワークショップとなりました。

軽井沢ニューアートミュージアムでは毎月楽しいワークショップを開催しております。12月にもクリスマスにちなんだものを企画中です。みなさんも気軽に現代アート始めてみませんか?次回もおたのしみに!

家族で石塗り
家族で石ぬり体験、石は形も色もさまざま。パパはあお、ママはあか、わたしはピンクの色にぬりました!

3兄弟
兄弟で近所から自転車にのってきました。石に夢中です!


パパと
ぼくはそらいろ、妹はきいろ

ママと
ママ、なにいろがいいとおもう?

ワッペン実物と   
実物の作品の前でじぶんたちのつくったワッペンができあがり記念撮影!


スポンサーサイト

11

05

コメント

《秋のワークショップ》ご報告

10

22

コメント

秋のワークショップ

こんにちは!
軽井沢はすっかり秋です。

軽井沢ニューアートミュージアムでは
秋のワークショップと題しまして
10月31日(土)と11月1日(日)に
新企画ワークショップ「石に色をぬろう」
を開催いたします。

11月3日(火・祝)は
先月にも開催し、好評を得た「ワッペンをつくろう」
ワークショップを行います。
みなさん、お誘いあわせの上
ぜひお越しください。

石@矢が崎公園アイキャッチ画像

石に色をぬろうワークショップ2改

10

15

コメント

【10/11(日)・12(月)ワークショップレポート!】

10月の連休、軽井沢ニューアートミュージアムでは、
「ワッペンをつくろう」ワークショップを開催いたしました!

IMG_4874.jpg

「具体美術協会」の活動と同時期に、磯辺行久(いそべゆきひさ)(1935年- 東京生まれ)が
制作した大きな「ワッペン」の作品を実際に見ながら、
ミニワッペン型のブローチに思い思いの絵付けをしていただきました。

IMG_4867_2015101516113222e.jpg

まず、真っ白なワッペン型の中から、好きなかたちを選びます。

次に、絵の具やカラーペン、色鉛筆を使って
好きな絵を描きます。

IMG_4911 - コピー

お母さんと参加した女の子は、
先に下書きで何個かデザインを考えてから
絵付けしていました。

IMG_4875.jpg

真剣そのものです。

完成作品はこちら!

IMG_4884.jpg

小さなワッペンの形の中に、ご参加したみなさま
一人一人の小宇宙が広がっていました。

IMG_4880.jpg

IMG_4915.jpg

IMG_4943.jpg

完成したワッペンを磯辺作品のように並べてみると、
一つ一つの色・かたちがより際立って見えます。

みんな満足そうにオリジナルワッペンを着けていました。
ご参加いただき、ありがとうございました。

IMG_4917.jpg

これからも、軽井沢ニューアートミュージアムでしかできない
とっておきのアート体験をご用意してお待ちしておりますので、
秋のお散歩ルートに、ぜひミュージアムへお立ち寄りください。

10

05

コメント

【10/3~新展示オープン!】

芸術の秋がいよいよやってきました!

10月3日(土)より、軽井沢ニューアートミュージアムでは
新展示がオープンしました。

今回の企画展は、一年間にわたる「具体人 in Karuizawa」シリーズの
集大成となっています。

現代アートを切りひらいた戦後の前衛芸術グループ、「具体美術協会」。
「具体」のメンバーたちは、1972年の具体解散後も、今日にいたるまで
“新しいアート”を生み出し続けています。

いま世界中から注目される「具体」のメンバーを、これまで個展のかたちで順次紹介してきました。

今回、これまで紹介してきた作家を含め、
総勢23名の“具体人”たちの作品を一堂に展示しています!

1
現代によみがえった、「グタイピナコテカ」。

2
木梨アイネの青い絵画に包まれます。

3
そして、松田豐の動く絵は、時が経つのを忘れさせます。

4
会場に急がなくては!

【おまけ】展示室のどこかに、パンでできた顔があります。ぜひ探しにいらしてください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。